~ブルーカラー日記~

現在育休中。ミソペンの子育てブログ☆

妻の外回転術で泣いた。

f:id:misozipentax:20180915221656p:plain

 

 

私の妻の話です。

 

 

私の妻は7つ年上の姉さん女房です。

 

妻は初産

そして

高齢出産という事になります。

 

 

努力の甲斐あって

 

めでたく授かった初めての命に

夫婦二人とも

幸せをかみしめて

ここまでやってきました。

 

 

しかし

お腹の赤ちゃんは逆子でした。

 

妻は36周の現在に至るまで

逆子が戻らず

「外回転術」に挑戦することになりました。

 

 

 

結果は

成功に終わり

妻の出産に向けての

大きなリスクはひとつ減りました。

 

これは

外回転術を選択して

良かったな

と感じている事例です。

 

 

今はひとまず

ほっとしています☆

 

 

 

 

 

 

外回転術

 

聞いたことありませんでした。

 

 

 

「逆子」って…

よく聞くけど、何かいけないんだろうか?

きっとそのうち

治るんだろう

 

 

 

当初の私はそんな程度に

受け止めていましたが

実際はそんな簡単な話ではなく…

 

 

 

逆子のまま

出産する病院は

現在は減っていること

 

 

逆子のままの出産は

胎児と母体両方への

リスクが高く

 

危険であること

 

を知りました。

 

 

妻は

羊水の量が多く

自然にひっくり返る

可能性も十分ある

と説明を受けていましたが…

 

 

いつひっくり返るか

毎日二人で心配し

 

大きな胎動を感じた時は

「そのままひっくり返っちゃいなー☆」

と声をかけ

 

 

苦しそうに

逆子体操を

寝る前に必ず行っている

妻の姿

 

お腹の子の

位置の具合で

傷みがあるらしく

 

必ず2,3時間おきに

目が覚めている

妻の姿を見てきましたが

 

ひっくり返りませんでした。

 

 

 

医師の話では

始めから

帝王切開と決めてしまう

選択肢もあるが

当院としては

普通分娩が

総合的に見ればリスクが少ない

 

 

ということだったので

話し合いの結果

外回転術を希望することにしました。

 

 

外回転術は

その名のとおり

 

外から

力を加えて

赤ちゃんの体を

回転させるというもので

 

つまり

医師の「手」で

外からお腹を押して

回転させる

ということでした。

 

 

「お願いします」

 

 

とは言ったものの…

 

外回転術を行うには

同時に

緊急帝王切開の準備もしてから

行う

 

つまり

 

万が一

赤ちゃんに

何か起こったら

そのまま出産になる可能性もあること

 

 

万が一に備えて

 

家族(つまり私)

がいる日でなければ

行えない

等の条件のもと

日程を決めていくことに

 

不安がよぎらない

はずはありません。

 

 

外回転術で

逆子が治る確率は

3割から6割だそうです。

 

しかし初産だと

確率は低くなると言われました。

 

 

 

もしかしたら

ひっくり返るかもしれない。

 

もしかしたら

ひっくり返らないかもしれない。

 

 

もしかしたら

その日に生まれるかもしれない。

 

万が一には

その日に死んでしまうかもしれない。

 

 

 

それに加えて

手術の当日

改めて

 

外回転術のリスク

帝王切開のリスク

麻酔のリスク

輸血のリスク

 

どれも最悪のケースは…

 

という意味合いで

説明しているんだろうけど

 

 

「もしも」が多すぎる。

 

でも

私には何も出来ない。

 

本当に何も出来ない。

 

悔しさで

説明を聞いているうちに

 

泣いてしまいそうになった。

 

 

その場では

なんとかこらえたものの

 

 

 

病室に入り

 

二人きりになって

 

妻が寝てしまって

 

一人になったときに

 

泣いてしまった。

 

不安でしょうがなかった。

涙が全然止まらなかった。

 

頼りない夫なのかもしれない。

私が泣いてどうするんだと思ったけど

我慢できなかった。

 

 

一人にしなければいけないのが

辛かった。

 

 

処置自体は

15分程度で終わりました。

 

助産師の方が

「今ひっくり返った」

と伝えに来ましたが

 

その時は

何も考えられず

ただ言われるがままに

 

タオルと骨盤ベルトを持っていきました。

 

 

処置室に入り

妻の笑っている顔を

見れた時

 

我慢が出来ませんでした。

 

たった15分離れていただけなのに

涙が止まりませんでした。

 

嬉しかった。

無事でよかった。

 

 

あぁ

これが家族なんだな

と思いました。

 

何があっても

家族を優先しよう

と思いました。

 

私には

かけがえのない

存在が

今ふたりいることを

痛感しました。

 

 

手術を終えて

妻は

痛みはあったけど

耐えきれないほどではなかったと

言い

 

それよりも

きっと先生の方が疲れている

といって笑っていました。

 

先生も

やりきったという顔をして

笑っていました。

 

 

あれ?

ずっと泣いてるの私だけだ…笑。

 

 

 

今は

外回転術を希望して

良かったと感じています。

 

 

 

 

あとは

 

出産まで

無事でいてくれますように

 

出産してからも

無事でいてくれますように

 

 

 

まだ出会っていない

あなたの健康を

両親は心から願っています。

 

そして

あなたと

妻の健康を

私は心から願っています。

 

父より

そして

夫より。