~ブルーカラー日記~

現在育休中。ミソペンの子育てブログ☆

「休憩なし!」なんて今どき通用する??

f:id:misozipentax:20180915220455p:plain

 

 

 

 

今回はこの話。

休憩時間に「休憩させないおじさん」が現れました。

 

 

一体全体何を思ってこんなことを言っているのでしょうか?

 

「暇なら」って枕言葉いらないですよね?

「いいからやれ」って言うことがマズいのは分かっているのに、休憩時間にやらせるのは悪いと思ってない。

 

 

「明日からは便所で過ごそう」と書いたので

今日、休憩時間に行ってみました。

便所に。

 

けど、やっぱりすぐに帰ってきました…

だってやっぱり

休める場所ではなかったです。

用を足す所ですから…

 

で、結局今日も

昼食を食べたら即!作業再開。

やれやれです。

 

でもおそらく色んな企業の色んな部署に

 

「休憩させないおじさん」

 

…一定数必ずいますよね。

 

 

一体彼らの何がそうさせているんでしょう?

 

 

 

仕事しかしないのは未熟

 

今日、休憩を取らずに作業をする!と宣言していた同僚が、「おぉ!カッコいいー☆」とおじさんから褒められていました。

 

私にはそんな感覚存在しません。

 

正直

10代20代の頃は、少しそんな感覚もないことはなかったです。

 

けどそれは子ども…つまり未熟だったからに他なりません。

 

 

30代になるまでに

 

仕事して

恋愛して

勉強して

旅をして

希望をもって

挫折して

色んな価値観の人とすれ違って

家庭をもって

世の中に興味をもって

自分も色んな形に変化して…

 

 

色んな出来事がありました。

みなさんもそうだと思います。

 

色んな出来事があった中で

色んな「世界」があることを知ったはずです。

 

にもかかわらず…

 

「仕事」だけに盲目的に取り組むことは

 

「子ども」

 

だと感じます。

 

 

だって色んなフィールドがあるのに

一つの事しか出来ないんですから。

 

 

家事、育児に限らず

 

本を読んで知見を広げるでもいい

新しいお店を発見するでもいい

ブログを始めるでもいい

投資を始めるでもいい

スポーツするでもいい

 

本当に何でもいい

 そこに気づいている人はそんな選択肢は選べないです。

だってその場その瞬間にした通用しない

「カッコよさ」なんて

持って帰れないし

なんの価値もない。

 

「仕事なんだから当然だろう」の美徳なんて


もう「大人」になった今

 

全く通用しません。

 

 

はっきりいって

昭和の遺物そのもの。

 

 

「昭和のこども」は法律をしらないまま大人になってしまったんでしょう。

「昭和のこども」は小さな世界で生きていけたんでしょう。

 

 

でも今は時代が変わっているんだ。

今どきそれは通用しないぜ。

 

 

従業員は子どものおもちゃじゃありません。

休憩時間中は、その人のものです。

会社を出てからもその人の人生があります。

 

 

 

なので今日の出来事は

「カッコいいー☆」

 

ではなく

 

「うわ、ダッサ…。」

 

 

「大人」なんだから

その異常さに気づかなくちゃいけない。

 

「大人」なんだから

ただ褒められただけでのせられちゃいけない。

 

 

 

「休憩させないおじさん」よ…

 

まずは休憩をして落ち着け。

そして仕事以外の事を考えてみなさい。

 

どうせ何にも浮かばないでしょうけど…

 

それが答えだよん。