~ブルーカラー日記~

現在育休中。ミソペンの子育てブログ☆

育休申請日記⑦

 
 

第7回目。

「パタハラ…全部言っちゃいますね。」

f:id:misozipentax:20180915211219p:plain


 

 

 

 

 

前回に引き続き「パタハラ」の話です。

 

 

私の受けたパタハラさらします。

 

 

発言に傷つき

扱いに傷つき

差別を受けたと感じています。

具体的にはこんな感じ…。

 

 

 

育休を取ると言ったら

「頑張れば?」とあしらわれました。

 

世間話をしようとしたら

必ず一言で会話を終わらされました。

 

仕事の質問をしたら

「また後で言う」と言われてそれっきりでした。

 

仕事の確認をしたら

「他の人間が分かっていればいいとから大丈夫」と言われました。

 

挨拶をしたら

無視されました。

 

仕事の指示が

目の前で自分を迂回していきました。

 

作業の共有も途絶えました。

 

一番端の壁向きに座る席になりました。

 

目が合う事はもう無くなりました。

 

私を視界に入れたくなかったんでしょうか

腫れ物のように避けられました。

 

決して同僚全員ではありません。

全て特定の人物の言動です。

 

 

極めつけは

降格だそうで。

 

 

 

そうです。

私の上司です。

 

 

育休をみんなに伝える前に

私この人に個人的に相談したんですよね。

育休の取得を考えてるって

 

そしたらこの人

 

利用できる制度なんだから使ったほうがいい。けど時短勤務っていう選択肢もあるぞ?幸い理解の有る奴らばっかりだし、子どものために早く帰って文句言う奴なんてうちにはいないよ。なんなら俺が上に掛け合ってやる!家族を優先すれば良い。…だからこれからも頑張れ!

 

っておっしゃってました。

 

全部嘘でした。

 

いやお前だけなんだよ

一ミリも理解が出来てないの。

 

きっと理解のある上司を装って気持ち良くなってたんでしょう。

 

けど自分の意見とは違って

時短ではなく休業を選択した部下になんか腹が立っちゃったんでしょう。

 

 

これでどうやって信頼関係を築けってんだよ。

 

関係悪くなるばっかりじゃん。

誰も得してないじゃん。

 

 

私この時期何回か家帰って泣きました。

普段飲まないんですけど何回か酒買ってきて飲みました。

 

 

で、降格だっていうから

私確認しました。

 

「育休を取って、迷惑をかけるから…降格。ってことですか?」

 

って同僚のいる場で聞いたんです。

 

そしたら

 

「まぁそういうことだね。」

 

っておっしゃるもんだから

 

 

 

 

私もうキレました。

 

 

 

なめてんじゃねぇぞ…!

 

 

 

 

って、そりゃそうでしょう?

 

 

 

幸いその上司の一言はとんでもなく迂闊な発言なので

 

絶対に負けるつもりもなかったし

 

それに

 

もうどうなったっていい!!

やるならどこまでもやってるかんなぁ!!

 

って感じでした 笑。

 

 

で、このツイートに至る…というわけです。

 

 

 

 

下記は育休に対するハラスメントを禁止する条文と

ハラスメントの典型例です。

 

これはもう知ってました。

今回の事例はドンピシャです。

 

 

 

<育児・介護休業法第10条>

 事業主は、労働者が育児休業の申出をし、又は育児休業をしたことを理由として、当該労働者に 対して解雇その他不利益な取扱いをしてはならない。

 

 

妊娠・出産等を理由とする不利益取扱いの例

 1 解雇すること。
2 期間を定めて雇用される者について、契約の更新をしないこと。
3 あらかじめ契約の更新回数の上限が明示されている場合に、当該回数を引き下げること。
4 退職又は正社員をパートタイム労働者等の非正規雇用社員とするような労働契約内容の変更の強要を行 うこと。
5 就業環境を害すること。
6 自宅待機を命ずること。
7 労働者が希望する期間を超えて、その意に反して所定外労働の制限、時間外労働の制限、深夜業の制限 又は所定労働時間の短縮措置等を適用すること。
8 降格させること。
9 減給をし、又は賞与等において不利益な算定を行うこと。
10 昇進・昇格の人事考課において不利益な評価を行うこと。
11 不利益な配置の変更を行うこと。
12 派遣労働者として就業する者について、派遣先が当該派遣労働者に係る労働者派遣の役務の提供を拒む こと

職場における妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント対策やセクシュアルハラスメント対策は事業主の義務です!!

 

 

 

 

 

 戦争を始める動機は十分。

正義はこちらに。

攻め込む相手は隙だらけ。

 

なんと味方もいっぱいできた!!

たった一晩で☆

 

 

 

(拡散してくれた皆さん、応援してくれた皆さん…何回も言いますけど、本当にありがとうございます。

あのツイートがバズるまではフォロワー50人ぐらいだったんですけど…一晩でフォロワー3000人になってしまって…。

あのイケハヤさん(@IHayato)にまで拡散いただいたからなんでしょうね。劇的な変化でした。

あと先日呟いてたクレメアさん(@cremea_tw)のnoteの話じゃないんですけど、「仮想世界」を通じて現実に勇気をもらうって本当にあるんだなって、すごい事だなって…言い方変ですけど、これが「世界は繋がってる」って事なんだなって感じました。)

 

 

 

 

さて、私が手に入れた武器は

「法律」でした。

 

この武器を使ってどうやって攻め込んだのかは

 

また次回にします。

 

ハラスメントの記事は病んできますんで

今回で終わってよかった☆

 

 

また書きます☆