~ブルーカラー日記~

現在育休中。ミソペンの子育てブログ☆

育休申請日記④

 

 

第4回目。

「優秀なメモ主との戦い」

 

f:id:misozipentax:20180915211219p:plain

 

メモ主からの連絡を待つこと数日…。

 

またメモが私の所に手渡される。

 

内容は

「やっぱり確認したけど出来ません。」

という内容…

 

いや

だからなんでやねん。

 

 

 

恐らく担当の方は

問い合わせ先を間違えていたようで…

 

育児休業給付金」の管轄は確かにハローワーク

 

しかし

育児休業の相談窓口は

都道府県労働局 雇用環境・均等室』になります。

 

労働局の中でも、少し部署が違うんですね。

 

私もここに直接電話して予定日取得の言質をとりました。

 

 

つまり

 

給付金の制度と休業制度の管轄部署が違うために、ハローワークに問い合わせていた会社の担当者と私は話がすれ違いっぱなしだったんですね。

 

 

そこで

メモをもらったその日のうちにメモ主に連絡し、「都道府県労働局 雇用環境・均等室に問い合わせてみて欲しい」と伝えました。

(なぜ無理前提での問い合わせしかしてくれないのか?なぜ会社にはこんなにも体制が整っていないのか?)

 

そして

ようやくやり取りが解決するかと思いきや…

 

次に届いたメモ(つまり後日)には

「休業は予定日取得できるけど、給付金は出産日からだから…出産日からの方がいいですよー」

という旨の内容が書いてあった。

 

…。

 

もう がっくしって感じ。

いやだから最初っから何回同じ事言わせるんだよと。

 

 

 

ですから

 

給付金の件はやむを得ないと

それよりも妻のケアと事前準備に「時間」を作りたいと…

 

はじめっから言ってるんだよ!

 

「お金」じゃなくて…

 

「その瞬間」に自由に動けるようにしておかないと意味が無いんだよー!

 

 

って…

 

何回説明させんだよーーー!!!

 

 

と、心の中で叫びましたが…

 

 

ともあれ

予定日取得の承諾をいただけました。

そして再度、開始日と終了日の記載された通知をいただけるよう念押しをしておきました。

 

 

もう最初の意思表示から、3ヶ月経ってました。

 

徒労感、半端じゃない。

けど譲れない。絶対。

 

 

続きは次回。

また、書きます☆