~ブルーカラー日記~

現在育休中。ミソペンの子育てブログ☆

育休申請日記③

 

 

 

第3回目。

「優秀な担当がつきました」

 

f:id:misozipentax:20180915211219p:plain

 

もやもやを感じ始めたのと同じくして

申請担当者との、じれった~い、すれ違いの日々が始まります。

 

 

 

争点は

 

「予定日」からの取得か?

「出産日」からの取得か?

 

というものでした。

 

 

 

一番初めに会社に育休取得の意向を伝えたときから

 

「出産予定日の数日前から育休に入りたいので、予定日以前の数日間に有給を使って、産前に備えたい」

 

という旨を伝えているのですが…

 

その時は前回の記事のとおり

戸惑いが伝わって来ただけで(笑)、恐らく内容は誰の耳にも届いていなかったのかもしれません…。

 

 

 

 

 さて、改めて申請の意思表示が済んだつもりでいた私は

 

「次回からは直接〇〇に連絡を取って、育休に関してわからないことは全てそこで聞いてくれ。」

 

と会社から言われました。

 

その言葉と一緒にメモを渡され

メモには育休取得に関して市民税の徴収方法を尋ねる短い文章と、その最後に担当者の名前が書いてありました。

 

 

 

 なるほど。

 

 

これは良かった。なんだかんだ言っても育休は取得できるみたいだな。

 

よかったよかった。

 

しかも専門の人がこれからは対応してくれるのか…ありがたい。

 

 

と、思ったのもつかの間…。

 

 

 

その後、そのメモの主と連絡を取り

税金に関するやりとりを済ませたのちに…

 

誰からも確約をもらっていないので、改めて聞いてみました。

 

「あの…△△さんの方には、◆月◆日から◆月いっぱいで…ということで申請をしていると思うんですけど、それで取得は大丈夫ですか?」

 

するとどういうことでしょう

 

 

「あ、いえ、スタートは出産後になりますので、それからですね。」

 

という返事…。

 

 

ん??いやいやちょっと待て。

違う違う。

俺が見た情報と違う…とは思いました。

 

しかし、その場でははっきりとした回答は出来ず…また

 

「はぁ…そうですか。」

 

という返答になってしまったと思います。

 

 

なるほど…

と、感じました

 

会社からのエスコートは期待しちゃいけないな。

 

と、思いました。

 

これは…

ガンガン調べて環境を固めていかないと、こっちがアホな奴だと思われて終わるのだな。

 

と、思いました。

 

 

ネットで見た限り、正しいのはこっち…。

男性は育休を「予定日」から申請できる。そうでなければ一月前に申請なんてできっこない!

 

 

けど、なんとなく…

『会社が言ってるんだから…』という無意識のプレッシャーの重いこと重いこと。

 

 

今回の件に限らず

ここで思考が停止してしまう人も多いことでしょう。

 

 

 

あちらも悪気が無いのは重々承知。

しかしこちらは当事者…

どっちが無知なのかを証明してみせる…。

 

 

間違ってないのに

会社には負けたくなかったんです。

 

 

 

そう思い立ち、自分が見たサイトやHP、資料をもう一度見直して、改めて「予定日取得」が出来るのかを確認。

 

しかし、根拠がネットだと信ぴょう性にかけると思い、書籍も購入。

入念に裏を取っていきました 笑☆

 

 

 

 

 

予定日取得が確信できたので、電話ではなく直接話がしたい旨を伝え、面談を申し込みました…。

(この連絡をしたのは、メモの主よりも偉い人。)

 

しかしここでも、

なぜだ?何を確認したいんだ?と、断られかけてしまいます。

 

 

 

でも今回は下調べもしてるので…

毅然と臨めます。

 

「出産日からしか育休はスタート出来ないと言われましたが…男性は予定日から取得出来るんです。」

 

と伝えました。すると…

 

「…ほう?」

 

というリアクション

(俺、最初から同じ事言ってるんだけどな…笑

)

 

「あと、申請もこちらから書面で提出しなきゃいけなかったんですよね?」と付け加えると

 

「……そうだよ。」

と、さも当然を装った反応。

(いったい何ヶ月前から言ってると思ってるんだ…だったら申請用紙よこせよ。)

 

「そちらも持っていきたいので是非面談お願いします。」

と攻め込んで…

ようやく「わかった」と話が進み…

 

メモ主との面談の時間を作ると約束してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

緊張しながら臨んだ面談の日…

 

いざ始まると、特にお互い向き合うでもなく腰掛けるでもなく…

 

ただ仕事中のオフィスに私が「お邪魔」させていただいた。という恰好。

 

しかもこっちが申し込んだのに向こうからの質問に対応する形でした。

 

 

 ん?なんじゃそりゃ??

 おれ…絶対なめられてる。

 

「あと何かありますか?」

と聞かれたので、予定日からの取得が出来るはずだとの旨を再度伝えました。

 

「あー、ハローワークで確認しましたけど…出来ないって言ってましたね。」

 

と言われたので

給付金は出産日からスタートで、休業制度自体は予定日から取得出来るはずだと説明。

 

 

すると

 

「ん~…ネットでも調べたんですけど、よくわからないんですよねぇ~」

 

との回答。

 

 

…!!

 

 

バ、バカヤロー…テメーふざけんじゃねぇ!!

 

と言いたいところをニコッとこらえ

 

「この本に載ってたんですけどー…」

という提案スタイルに切り替える。

 

出来るはずだから、もう一度(ちゃんと)調べて欲しいとお願いした。

 

 

すると

なるほど。といった表情でもう一度調べるとのお約束を頂いた。

(ちゃんとね。頼んだよ。)

 

その時にイクメンプロジェクトからダウンロードした「育児休業申請書」も提出した。

 

「特に会社からは何も言われていない」と、いぶかしがられてしまったが…

(いやいや、先日のやりとりは一体何だったんだ…)

 

一応受け取って下さいと言って差し出してきた。

 

そして通知を受けた旨を書面でもらいたいとも伝えた。

 

かなりキョトンとされた。

 

一応後でもめたくないので…

と、へりくだりながら伝えたけど

その通知を行うことは義務なのも知らない様子。

 

 

会社に申請用紙が無いのがそもそもどうなんだ…。

 

 

 

 

 

 

結局面談はしたものの、決定したかったことは何も決まらず…

 

また「連絡を待つ」という事態に

 

う~ん、もやもや。

答えはもう出てるのに…一体何なんだこの時間は?

 

 

 

続きは次回

また、書きます☆